全身浴と半身浴を組み合わせる

全身浴と半身浴を組み合わせる

全身浴と半身浴、お湯の温度も変えて組み合わせましょう

 

湯船に浸かる入浴でも、お湯の温度や入りかたで体への影響は変わります。

 

ここでは、体を温めながら、さらに「美人をつくる」ことのできるプラスaを期待できる入浴法をいくつかご紹介します。

 

熱めのお湯(42℃以上)に入ると、交感神経の働きが活発になり、心拍数や血圧が上がります。

 

朝、寝起きの悪い人や気分をシャキッとさせたいときにはおすすめですし、胃腸の働きが抑えられるのでダイエット効果につながります。

 

ただし、長風呂は禁物です。

 

体に負担をかけますので、入浴時間は10分以内に抑えましょう。

 

その反対に、ぬるめのお湯(38℃〜40℃)にゆっくり入ると、アセチルコリンという物質が分泌され、副交感神経を刺激、リラックス状態になります。

 

そうすれば心拍数が緩やかになり、血圧も安定してきます。

 

寝る前に入れば、スムーズに眠りに入れます。

 

ストレス続きでリラックスしたいときはおすすめです。

 

また、胃腸の働きが活発になりますので、胃の調子が悪いときにはぬるめのお湯に入るといいでしょう。

 

ぬるめのお湯に入る方法では、首まで浸かるのではなく、半身浴もおすすめです。

 

湯船に小さな椅子を入れて座るか、湯船のお湯の量を少なくして、みぞおちより下の部分だけがお湯に浸かるようにします。

 

30分ほど浸かっていると、汗がたっぷり出てくるでしょう。

 

上半身が寒くなるようなら、乾いたタオルをかけたり、浴室を暖めたりしましょう。

 

また、まず肩までしっかり湯に浸かって体の芯まで温めてから、半身浴に切りかえるのもいいでしょう。

 

半身浴は水毒状態になっている下半身を重点的に温めますので、子宮や卵巣、腸などの機能が高まります。

 

全身浴で体が温まっていると、あとの半身浴での発汗が促されるので体内の余分な水分が出やすくなります。

 

「3-3-3入浴法」というものもあります。

 

熱めのお湯に3分間浸かってから、湯船を出て3分間は洗い場で体を冷ますというのを3回繰り返す方法です。

 

湯船から出ているときには、髪や体を洗ってもかまいません。

 

これを行なうと、体が温まると同時にかなり汗が出て、約300キロカロリーを消費できます。

 

30分のジョギングと同じくらいのカロリー消費ができますので、運動が苦手な方はぜひ試してみてください。

 

体調や目的に合わせて、いろいろな入浴を楽しんでみるといいでしょう。

 

ただし、冷え性の人がぬるま湯に浸かっていると、寒くてしかたがないということがあります。

 

そういう場合には、「体の芯から温まった」と感じるくらいの温度(例えば汗が出るくらいの温度)で入ってください。